08 -<< 2011-09 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 -
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんにちは!

 種プレゼントにご応募いただきまことにありがとうございました。
 (種プレゼントは終了しました。お店のお客様で、必要な方はご連絡ください。今からメール便でお送りします。)
 本日発送いたしましたので、明日、明後日、あたり気にして下さい。
 メール便ですので、ポストに届きます。
 また、届かないって時はご連絡下さい。

 さてさて、それでは、栽培の始まりです。

 生牧草を育てるためにはまず、種をご用意ください。
 その次に大事なことは、なんといっても、土です。
 土をうまく作る説明は省きます。
 マンション等にお住まいの方も多いので、堆肥等をつかって本格的にとはなかなかいきません。
 ですので、培養土を買ってきて下さい!

 培養土の使い回しはよくありません。
 一度育てたらもう、使えないと思って下さい。

 さて、土がそろったら、次に大事なことは、発芽の温度です。
 植物それぞれに、適温は違います。
 これから書くことは私が住んでいる西日本を中心に書きます。
 東京あたりまでの方は、ほぼ同じだと思って下さい。
 (北海道や東北、長野といった地域は調節して下さい。また、沖縄の方も調節して下さい。)

 それではそれぞれの牧草について。
 イタリアンライグラスは冬作物です。つまり、暑いと育ちません。涼しい所を好みます。
 10月の中頃が播種適期です。9月に種を蒔く場合は「涼しい所涼しい所」と二度唱えてから、蒔いて下さい。きっといい場所が見つかると思います。

 クリムソンクローバーも冬作物です。だから暑いと枯れてしまいます。これも播種はもう少し後がいいと思います。花が赤くなりますので次の春はとってもキレイになります。
 もちろんうさぎさんも大好きですよ。
 Wクローバーと違って、背が高くなります。30㎝くらいになると想像して、種を蒔いて下さい。

 ならば、今何を蒔けばよいのでしょうか?
 今、播種適期はホワイトクローバーとえん麦です。
 (えん麦は乾燥させるとオーツヘイとよんでいます。)
 
 準備が出来たら、種を蒔きます。
 その時最後の注意は薄く、パラパラと蒔くことです。
 パラパラと隙間をあけて下さい。牧草が育った姿を想像して下さい。狭くて窮屈だと牧草はのびのび出来ません。
 播種が終わったら、水をあげましょう。
 芽が出た後はあまり水をあげすぎないようにして下さい。
 少し乾いているなと思うくらいがちょうどいいと思って下さい。(もちろん枯れているのに少なめは駄目です。大至急水です。)

 牧草は簡単に栽培できますので、一緒に生牧草を育てましょう。
 (ご質問等あれば、コメントに入れて下さい。)
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 生牧草
 

プロフィール

みーきち

Author:みーきち
FC2ブログへようこそ!

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

全国のお天気

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。